• ホーム
  • 肝機能障害などの副作用が気になる方はニゾラールクリームを選択しよう

肝機能障害などの副作用が気になる方はニゾラールクリームを選択しよう

きれいな脚

爪水虫の治療と言えば第一選択薬は飲み薬、身体の内側から抗真菌効果をもたらして白癬菌を退治するのです。ただ、塗り薬と違って市販されてはいないので飲み薬をわざわざ病院にて処方してもらわなければなりません。また肝機能障害などの副作用の危険性があるので、血液や肝機能の検査を定期的に行わねばならないという手間もかかります。もともと肝機能障害を持つ方も服用は許されていないですし、副作用が出やすいという点では妊婦や授乳中の方・妊娠を考えている方も使用が出来ないのです。そして、他の薬と飲み合わせが悪く相互作用をもたらすので常用している薬がある方だって処方してもらえないケースもあります。意外と誰でも爪水虫治療は飲み薬というわけにはならなそう、でもそのまま放置していても症状が悪化して行く一方なのですから何らかの対処法を考えなければなりません。授乳期間を終わらせるか、相互作用を持つ薬の服用をやめることが出来るのであればまだしも、そうでなければどうすればよいのでしょう。

もしも爪水虫になっているのに飲み薬が使えないというなら塗り薬です。おすすめはニゾラールクリーム、服用するのと比べると時間はかかるものの爪に発症した水虫菌にも効果的です。ニゾラールクリームというのは商品名であり、ケトコナゾールという一般名でご存知かもしれません。市販薬もあるので、ケトコナゾール・あるいはニゾラールの名前で探すようにしましょう。

使い方は簡単、1日1回患部に塗るようにします。正確には患部とそのまわりに広く塗ること、綺麗に見える皮膚でももしかしたらすでに白癬菌に侵されているかもしれません。とにかく毎日使い続けることで徐々に症状が落ち着いてくるはずです。でもそこからが我慢、あと数ヶ月は使って完全に白癬菌がいなくなるまで頑張りましょう。以前は1日数回使用しなければならない薬も多かったのですがたったの1回です。それに、爪に穴をあけたり削ったり、角質の奥深くまで入り込んでいる菌に対抗できるようにと様々な面倒な処置が必要だったものですが、ニゾラールクリームならただ塗るだけと楽になったので安心です。一度菌に侵された部分の爪は元には戻ることなく、爪が伸びて新しく生え変わるのを待たなければなりません。根気の要る治療ですが、頑張って続けるようにしましょう。爪とその下の皮膚の部分に塗る際にちょっとした刺激はあるでしょうが、飲み薬ほどの重篤な副作用を感じることは少ないです。とはいえ人それぞれ体質は異なりますし、その時の体調だってあるのでもしかしたら大きな悪影響を及ぼすこともあるかも、その場合には使用を止めて医師や薬剤師に相談するようにしましょう。血液を通って全身に広がることはなく足の爪周辺のみにしか影響しないですから、妊娠中の方や肝機能障害を持つ方・他にも薬を使用しているという方でも使えるはず、不安なら念のため医師に確認しておいた方が良いかも知れません。